携帯電話契約 審査基準

携帯電話を契約するときの審査基準について教えてください。

時々携帯電話を申し込んだけど、審査で落とされたという方がいます、
こういう方は、ある審査基準を下回っているので、契約を断れたということです。

 

この携帯電話の審査基準は、ローン関連の利用履歴が関係しています。

 

信用情報機関に酷いデータが登録されていると、審査で落とされる割合が高くなります。

 

例えば、多重債務状態の人が、そのまま携帯電話の申し込みをすると、落とされやすいです。
携帯の支払いや借金の返済を滞納している人も審査では不利です。連続して申し込みする人も申し込みブラックと見なされた場合、審査で落とされる可能性があります。

 

借金があっても、問題なく返済している人なら大丈夫です。少ない回数の延滞がある人でも、短期間に延滞を解消していれば携帯の契約は可能です。携帯の審査は、法改正によって昔よりは厳しくなりました。しかし、キャッシングやクレジットカードの審査ほど厳しいものではありません。ですので過度に心配する事は無いです。キャリアが契約数を競い合っている現状を考えると、わかりやすいかもしれません。

 

 

何度か携帯の申し込みをして、審査の結果が芳しくない人は、6ヶ月程度様子を見ましょう。信用が見直される区切りが6ヶ月間であるためです。6ヶ月が長いと感じる人は、借金や延滞を改善してから申し込みしてください。これだけで結果が大きく変わります。申し込み方法については、申し込みブラックに気をつけて、期間に余裕を持って臨んでください。これでほぼ契約出来ます。"